休業支援金

新型コロナ休業支援金の支給対象期間と申請期限の延長はいつまで?

投稿日:2020年11月6日 更新日:

現在の休業支援金の対象となる「支給対象期間」は

  • 【4/1休業分から12/31の休業分まで】

4/1から12/31の間に、事業主から「休んでくれ」と指示を受けて休業手当をもらっていないなら、申請対象です。(他の条件も満たした上で)

緊急事態宣言が解除された後だと申請しても大丈夫かなと心配する人もいるかもしれませんが、解除後であってもちゃんと休業期間も含まれていますね。

支給対象となる期間が延長されたことに伴って、申請できる期限も延長されました。

  • 【4月~9月の休業分については年末まで】
  • 【10月~12月の休業分については来年の3月末まで】

まだ4月、5月の休業分の申請してない人は、年末までまだ期限に余裕があります。

支給対象期間の延長

休業支援金の支給対象期間は以下のように延長されています。

『4月、5月、6月、7月、8月、9月』

→『4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

当初は、9月の休業分まででしたが、コロナ禍がまだ続くことを考慮してひとまずは3ヶ月延長されています。

申請できる期限の延長

休業支援金の「申請期限」は以下のように延長されています。

以下4月~9月の休業分の申請期限

休業支援金の申請期限

・4月の休業分

令和2年9月30日→令和2年12月31日

・5月の休業分

令和2年9月30日→令和2年12月31日

・6月の休業分

令和2年9月30日→令和2年12月31日

・7月の休業分

令和2年10月31日→令和2年12月31日

・8月の休業分

令和2年11月30日→令和2年12月31日

・9月の休業分

令和2年12月31日→令和2年12月31日

 
4月5月6月9月30日12月31日
7月10月31日12月31日
8月11月30日12月31日
9月12月31日12月31日

以下10月~12月の休業分の申請期限

休業支援金の申請期限

・10月の休業分

令和2年10月31日→令和3年3月31日

・11月の休業分

令和2年11月30日→令和3年3月31日

・12月の休業分

令和2年12月31日→令和3年3月31日

-休業支援金

関連記事

休業支援金の計算方法

休業支援金の計算方法(シフト減と時短になった事例)

休業支援金の具体的な計算の仕方について厚生労働省HPに以下の記載があります。アルバイト、シフトが減った場合、時短になってしまった場合など具体的事例に当てはめて説明しています。 「×80%」と記載がある …

アルバイトは休業支援金給付金の対象?

休業支援金給付金はアルバイトでももらえるのか

休業支援金給付金制度は、正社員として雇われていない、アルバイトの方であっても申請の対象です。 以下の記載が厚生労働省HPのQAにありました。 ※②対象労働者、対象事業主の2の項目に記載あり アルバイト …

休業支援金給付金の条件

休業支援金の対象となるのはどんな人?どんな条件を満たせばよい?

この援助制度の正式な名称は、「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」(以下休業支援金)。 この制度を申請して給付を受けるためには、以下の3つの条件を満たす必要があります。 特にやっかいな条件 …

免許証画像

休業支援金の必要書類は3点(本人、口座、給与の確認書類)

休業支援金申請に必要な書類は以下3点です。 本人確認のための書類 口座確認のための書類 賃金額を確認する書類 ただ、具体的に顔写真がないとだめとか、2種類の証明書を必要な場合など各書類によって微妙に扱 …