休業支援金

休業支援金の対象となるのはどんな人?どんな条件を満たせばよい?

投稿日:

この援助制度の正式な名称は、「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」(以下休業支援金)。

この制度を申請して給付を受けるためには、以下の3つの条件を満たす必要があります。

特にやっかいな条件が「事業主による休業の指示」

報道や周りの方から伺った話では一番もめてしまうようで、、

この「休業の指示」の認識が、事業主側と労働者側で認識が異なることが多く、審査にて不支給となってしまうことが多いそうです。

休業支援金の3つの条件
  1. 中小企業に勤務の方
  2. コロナ拡大防止のため「事業主から休業の指示」を受けた人
  3. 指示を受けた休業期間中に休業手当をもらっていない人

要件①中小企業に勤務の人

大企業では該当せず、中小企業のみです。

厚生労働省のQAを見ると、中小企業かどうかの線引は、「資本金の額、出資の総額」または「常用雇用する労働者の数」と記載があります。

休業支援金制度の中小企業の範囲

参考厚生労働省HPのPDFファイル「https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000678085.pdf」

フランチャイズの場合などは、大きな看板を背負っていても、運営元が実は中小企業というケースもありそうです。自身が勤めている会社が中小企業に該当するのかは、事業主に直接聞いて確認する必要がありますね。

要件②休業の指示を受けた人

コロナの影響でお休みになっている、会社、店舗は当然多いのですが、店長さんから具体的に「○さんいつからいつまで休んでください」と言われたわけではなく、シフトがなにげに少なくなっていたり、、従業員が空気を読んで休むケースもあるはずです。

他にも、商業施設自体が閉館となっていて、お店が開けられない場合、店長さんからしたら、「別に直接休業の指示はしてない」ってケースもあります。

そんな微妙なケース、事例は、「事業主から指示があった」と言えるのか?

シフトが入らない状態が休業にあたるのか?

厚生労働省HPには以下の情報がありました。

シフトが入らない状態が休業かどうか

参考:厚生労働省HPのQA

「対象となる休業」ー2-3

「https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000678084.pdf」

「労働契約による」との記載がありました。

採用のときに取り交わした労働条件通知書に「週5勤務」と記載があって、しかもシフト予定表が配布されているとか、そういうことを労使間で改めて確認する必要がありそうです。

商業施設が閉鎖されているとき、店子は休業の指示をしたことになる?

厚生労働省のHPの中に、「休業の指示」についての具体的にな事例を見つけました。

以下のリンクにある説明には、緊急事態宣言時に商業施設が自粛して営業ができないときに、その店子である店舗は当然営業できなくなりますが、それは休業の指示にあたるのか?

→これは休業の指示にあたるとの記載が明確にありました。

商業施設が休館の場合は休業かどうか

ショッピングセンター(商業施設等)がコロナの影響で休館となった場合、入居しているお店の事業主は休業を指示したことになるということ。

入居しているお店の店長さんが商業施設は休館だけど「俺は休業してくれなんて一言も言ってないよ」というのは通用しないよってことですね。

結局は労使間の意見の一致による?

郵送申請の場合には「申請書」「要件確認書」という2種類の書類を記載する必要がありますが、

「要件確認書」には以下の質問があります。

要件確認書内の休業を指示したかの質問

『事業主が命じて休業させましたか?』

多分ここで「いいえ」にチェックを入れて申請をすると、審査側では、おそらくですが、不支給決定と判断することになってしまうのではないかと思います。

申請書を書く前に、どの期間で休業の指示があって、どの期間ではないのか確認しておく方がよいです。

事業主の方と労働者の方の間で、ちょっとした勘違いがあるなら、事前に認識の確認は必要ですね。

要件③休業手当をもらっていない人

この支援金の制度趣旨は、本来「休業手当」を受け取れるはずが、もらってない状態の方を対象としているため、手当をもらっちゃっているんだったら給付の要件は満たさないことになります。

休業手当はいくらまでなら大丈夫?

厚生労働省HPのQA等には具体的に金額の記載はありませんでした。

コールセンターの方に伺うと、

休業手当の「金額の大小は問わない」とのことでした。

つまりちょっとでも受け取ってしまっていたら申請対象になりません。

お見舞金はいくらまでなら大丈夫?

名目として「お見舞金」として休業期間中にお金を事業主からもらっている事もあるようです。

お見舞金という名目の場合は、3万円以下なら申請が可能です。

以下QA内に記載がありました。

見舞金

休業手当をもらっちゃっているんだったら(金額問わず)、休業支援金の申請はできない。それ以外の名目の金銭の受取は3万を超えてしまうとNG。
追記:
飲食店に勤めている多数の方から「休業支援金・給付金」という国からの援助制度についての不満を聞いたので、当ブログのメインテーマからはちょい外れますが、備忘録的に制度概要をまとめてます。

-休業支援金

関連記事

休業支援金の計算方法

休業支援金の計算方法(シフト減と時短になった事例)

休業支援金の具体的な計算の仕方について厚生労働省HPに以下の記載があります。アルバイト、シフトが減った場合、時短になってしまった場合など具体的事例に当てはめて説明しています。 「×80%」と記載がある …

休業支援金の申請期限

新型コロナ休業支援金の支給対象期間と申請期限の延長はいつまで?

現在の休業支援金の対象となる「支給対象期間」は 【4/1休業分から12/31の休業分まで】 4/1から12/31の間に、事業主から「休んでくれ」と指示を受けて休業手当をもらっていないなら、申請対象です …

免許証画像

休業支援金の必要書類は3点(本人、口座、給与の確認書類)

休業支援金申請に必要な書類は以下3点です。 本人確認のための書類 口座確認のための書類 賃金額を確認する書類 ただ、具体的に顔写真がないとだめとか、2種類の証明書を必要な場合など各書類によって微妙に扱 …

アルバイトは休業支援金給付金の対象?

休業支援金給付金はアルバイトでももらえるのか

休業支援金給付金制度は、正社員として雇われていない、アルバイトの方であっても申請の対象です。 以下の記載が厚生労働省HPのQAにありました。 ※②対象労働者、対象事業主の2の項目に記載あり アルバイト …